好きなことを見つけるなら作業に注目!正確に認識しなければ意味がない

好きなことを見つけるなら作業に注目!正確に認識しなければ意味がない

アニメを見るのが好きだからといって、アニメを作ろうとしたら挫折する人は多いでしょう。

本を読むのが好きだからといって、本を書こうとすると失敗しやすいです。

 

私たちは好きなことを間違って認識していることが多いです。

まぁこれは仕方ないですし、そもそも当たり前なんですけどね。

だからこそ、やってみないとわからないわけです。

 

その作業をやりたいかどうか

その作業を、やりたいかどうかなんです。

何の作業が好きかということです。

例えば私の場合は、記事を書くのはそこまで好きではありません。

ぶっちゃけますが(笑)

記事を書くという話の中だと、考えることのほうが好きです。

コンセプト、企画的なやつですね。

やりたいことを中心にしていく

私の場合はそもそも、記事を書くのではなく、考えることをメインに扱うべきなんじゃないかと思いました。

人生の戦略や戦術というコンセプトまではいいのですが、そこから記事を書くというのが大変なわけです(笑)

ましてや今は、検索エンジン対策もかなり気にしないといけませんし。

わかりやすさなども意識しないといけません。

こういったことが私にとっては少し苦痛になりやすいです。

しかしとはいえ、そこを諦めずに工夫していくことも1つの重要な方向性と思っています。

正解がない中でのノウハウが独自の価値に

例えば考えることを、どうメインにしていくかというところは、まさに市場が確立していません。

いやまぁイベント企画や商品企画とかは世の中ありますが、やりたいことは少し違うんですよね。

で、何をどうしたらいいかわからない中でやっていくことが、自分なりの独自のノウハウになっていきます。

誰もやっていないことを好きなこと(感性)でやるのが、1つの戦略です。

この場合にも、好きなことを正確に認識する必要がありますが、やってみないと分からない点に注意です。

アニメを作るのが好きかどうかは、やってみないとわかりませんからね。

例えば脳内アーティスト

例えば考えることをメインにした人として、脳内アーティストという人がいます。

脳内で考えた企画を、表現する感じのようです。

企画を実現しようとするのではなく、表現することを目的とする発想は、非常に斬新ですね。

ライバルがいない市場とか、独自性ってのは、こうして自分の感性によって開拓していくわけです。

私ももっとちゃんと好きなことを正確に認識して、向き合うべきだと思いました。

企業レベルだと、ちゃんとした収入がないといけません。

しかし個人レベルなら、たいていの市場は何とかなるのでは?と勝手に思っています。

他の仕事とくっつけたり、いろいろやりようはありそうに思えるんですよね。

なので、自分の感性で新しい市場を開拓していく戦略戦術が、1つの有力な生き方かなと思います。

でもこのサイトは完成させたい

私自身は生き方、人生戦略や戦術をずっと意識してきています。

人の言うことを素直に聞くことも、疑うことも戦術として重要です。

すべては戦術でしかなく、戦術に絶対などありません。

これはすべての物事に言える1つの極意と思っています。

例えるなら素直に聞いたほうがいい時と、相手を疑い意見をあまり聞くべきではない時があるでしょう。

どっちが正しいとかではなく、戦術の問題でしかありません。

そしてその戦術が適切かどうかを決めるのが、戦略です。

戦略を決めるのは、人生の目的です。

会社にいたい(=戦略や目的)なら、素直に聞くべき時は多いでしょう。

一方で詐欺師や、自分に合わないことは聞くべきではない時のほうが多いでしょう。

会社をやめる前提なら、相手のいうことを聞くべきでない時も増えてくるでしょうね。

失敗しながら生きてればいい

戦略は人生の目的によって決まってきます。

しかし人生の目的は最初から決まることはほぼなく、生きていく内にだんだん明らかになってくるものです。

常に変動してもおかしくありません。

こういったことを全般、このサイトで書きたいんですよ。

できるだけ役に立つよう、明らかにしたいんです。

ですからこのサイトは、ある程度はちゃんとカタチにする予定です。

しばしお付き合いくだされば幸いです。

 

まとめ

まとめると以下のような感じかなと思います。

好きなことを正確に認識する(例えば記事を書くのが好きなのではなく、コンセプトを考えるのが好き)

↓↓

感性で新しい商品やサービスなどを考える(例えば脳内アーティスト)

↓↓

試行錯誤を繰り返す

↓↓

上手くいけばライバルほぼ不在の独壇場で、しかもそれが独自のノウハウとなって蓄積される

 

好きなことをする生き方ってのは、むしろ得意なことをする生き方とは違います。

才能を見つけようとか、得意なことをしようとかではありません。

もちろん生活費を稼ぐための手段として、それらをするのはありです。

 

好きなことをする生き方とは、むしろ感性によって新たな市場を作り出す生き方が本質と思います。

ですから、むしろ没頭するから好きになるし、没頭するから得意になるのです。

その始まりは、好奇心によってもたらされます。

感性で誰もやっていないことを始めようということですね。

 

私のように記事を書くのがそこまで好きでないなら、本来記事を書くべきではないかもしれないのです(笑)

まぁとはいえ、わりと昔から何かと自発的に書いたりもしてたので、好きか嫌いかで言えば好きなほうとは思いますが。

そこでさらに工夫して自分なりのやり方を確立できれば、問題はないんですけどね。

 

私は人生の戦略と戦術というコンセプトを打ち出したわけです。

これは私が見た感じ、誰もやっていませんでした。

しかし記事を書くのが好きではないなら、やるべきではないことをやろうとしている可能性があるんですよ。

だから、好きなこと、やりたいことは正確に認識しておく必要があります。

今回の話は自分のやりたいこと、やりたい作業で、新しいことをするという人生戦略です。

そのためにも、自分を知ることは非常に大事なわけです。

 

私は考えることや、コンセプトが好きなわけで、ならそれに関することで新しいことを始めるべきだったと思いました。

こうならないように、好きなことは正確に認識しておきましょう(笑)