成功法則の極意:すべては目の前のことに没頭(集中)することに集約される

成功法則の極意:すべては目の前のことに没頭(集中)することに集約される

「天才とは集中力の天才のことである」とも言われます。

常に目の前のことに没頭し続けたら、成功する可能性は普通にあるでしょう。

そう思いませんか?

成功法則は、最終的にここに集約されるんです。

天才も成功法則も、集中こそがその極意と言えます。

好きなことをしたり、ハマったりし続けることも、目の前のことに没頭しています。

自分の夢を実現するためなら何でもできる人も、目の前の作業に集中しています。

たとえそれが謝罪という行為であったとしてもです。

 

また「成功法則の結論は習慣化にある」という記事も以前に書きましたが、習慣化とは目の前のことの積み重ねですよね。

このように、成功法則のすべては「目の前のことに没頭(集中)すること」に集約されます。

ゴールから逆算してプロセスをバラすのも、目の前のことに集中するためという側面があるわけです。

集中こそが極意と言えるでしょう。

そのための戦略であり、無意識の活用でもあります。

 

人によって没頭することは違う

嫌なことを忘れるとかも、没頭のためです。

そりゃ嫌なヤツは忘れられたほうが、集中できますよね(笑)

でも嫌なことを放っておけない人は、嫌なことを克服したほうがいいかもしれないのです。

かえって気が散ってしまう可能性があるからです。

人のために行動することを成功法則として掲げる人は、単純にそういったことに没頭できる人だからでしょう。

人によって没頭することは違うという前提が、重要です。

夢中になること、熱中すること

没頭するとは、夢中になることや、熱中することと言い換えてもいいです。

例えば掃除をし始めたら時間が経つのが忘れてしまうというのも、1つの例です。

それは没頭している状態ですね。

人によって向き不向きはいろいろですから、人によって没頭できることの幅にも差があるでしょう。

嫌なことでも成功できる

私としては、嫌なことをしないといけないというのは未だに意味不明でして。

嫌なことして成功できるわけないというのが、正直なところです。

もちろん好きなことをするときには、嫌なこともついてくるとかならわかるんですけど。

嫌なことはメインにすべきではありません。

しかしながら、嫌なことでも目の前のことに集中し続ければ、かなりのレベルに達します。

そういう意味では、嫌なことでも成功できる可能性はあるでしょう。

特に得意だけど嫌なことなら、なおさらその可能性は上がるでしょうね。

ただ得意だけど嫌な場合は、作業内容そのものが嫌というよりは、進め方がいやとか、環境や人間関係が嫌ということのほうが多そうですけどね。

例えば掃除で成功する

掃除をすると成功できるという話がありますね。

といえば、やはり鍵山秀三郎氏でしょうか。

知らない方もいらっしゃるかもしれません。

イエローハットの創業者です。

簡単に言えば、「トイレ掃除をして綺麗にすれば、成功に近づくこと」を広めたといえるような人物でもあります。

これは目の前のことに集中するということを、トイレ掃除で習慣づけていますね。

さらに周囲が綺麗になることで、より集中しやすくなります。

部屋の中がぐちゃぐちゃだと、気が散りやすいですからね。

ついマンガ本読んじゃうとか生じやすくなります(笑)

トイレ掃除の事例も、目の前のことに集中することを提唱していると言えるでしょう。

コンビニバイトの場合

例えばコンビニの場合なら、お釣りの渡し方を工夫するだけでも、印象が変わります。

どう動くのが効率がいいかとか、ほかの人とどう連携をとっていけばいいのかなど。

同僚への声のかけ方を工夫したり、企画を考えてみてもいいわけです。

これも目の前のことに没頭(集中)、あるいはその先のことをしています。

よく成功法則でありますよね、こういうの。

もちろんその通りなのですが、誰でも没頭できるとは限りません。

人それぞれ違いますから、何についてなら没頭できるか把握することが大事です。

人によって違うことは絶対的

人によって違うというごくごく当たり前のことが、もっと社会に浸透するべきなんですよね。

お釣りの渡し方などを工夫できる人は、どんな人でしょうか?

お客様の笑顔がうれしい人、あるいは見え方や魅せ方を研究したい人、などと言えるでしょう。

だから没頭するわけです。

陳列に没頭するなら、物の管理が向いているかもしれないわけです。

物の管理で没頭するなら、それはそれでとても素晴らしいことです。

集中力を鍛える方法

もちろん単純に集中力がない場合もあるでしょう。

その場合は、やはり瞑想がいいと思います。

一点に集中する瞑想ですね。

人は基本的に作業する内容によって、集中度は異なります。

まぁ当たり前ですね。

集中しやすい作業や仕事、環境を選ぶことはとても大事なことです。

興味は作れるが

ある程度なら人は、興味を作り出すこともできるでしょう。

それはもともと興味のあることに結びつける方法です。

どうしてこうなるのだろう?とか、自分の好きなことに活かせないか?などですね。

ゲームが好きなら、コンビニのバイトをシミュレーションゲームとして捉えてみるとか。

コンビニ経営をどう成功させるかなど、いろいろ工夫することである程度までは興味を作れます。

興味は移り変わりやすいので、興味だけで仕事を選ぶべきかはわかりません。

ただ、バイトなら辞めやすいので適していますね。

いずれにせよ、目の前のことに集中するための工夫は、成功を目指す場合避けて通れません。

「目の前のことに没頭(集中)」は、必ず必要なことです。

 

戦術から戦略へ昇華して

成功法則は、戦略レベルと戦術レベルがあります。

両方とも、かなり大事です。

例えば今している作業、仕事が嫌だったとしましょう。

これを続けるべきか、やめるべきか悩みますよね。

それは戦略によって判断されます。

例えば好きなことをするという生き方なら、嫌なことをすることは戦術としてあまり有効ではありません。

しかし好きなことをするために、嫌なことでお金を稼ぐというのも、1つの戦略なのです。

そしてこれに客観的な正解はなく、あるのは自分の判断であり、なおかつ自分にとっての正解なのです。

目の前のことに集中する方法

戦略レベルで考えつつ、戦術レベルに落とし込んでいき、目の前の作業に落とし込みます。

そうすれば、目の前のことに集中できます。

人はやりたいことなら集中できるでしょう。

これは当たり前ですね。

そうでないならあとは、自分が納得するしかないです。

それはやりたくないことを仕方なくやるという意味も含まれますが、やりたくないことはやらないという決断も含まれます。

何度も何度も戦術レベルと戦略レベルで考えまくって、ようやく自分のことが分かってくるものだと思います。

目の前のこと以外にも目を向けた過程があるからこそ、目の前のことに集中できるんです。

最初からできるんなら、そのまま集中すればいいわけですから。

工夫は成功に必ず必要

工夫しないで成功することは、まずありえないでしょう。

工夫こそが、独自性であり、差別化につながっていきます。

それは目の前のことに没頭する工夫であったり、効率化の工夫だったり、創造的な価値を生み出す工夫だったりします。

何の工夫をしたいか?

ということが、とても重要とも言えます。

嫌なことを仕事にする生き方

嫌なことを仕事にする場合なら、目の前のことに没頭する工夫が必要です。

最初からできる人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合、工夫が必要です。

ゲーミフィケーション、ポモドーロ・テクニック(25分作業+5分休憩の時間管理術)などもその一例です。

ゲームにハマるのも同じ

ゲームをやってしまうのは、それに没頭してしまうからです。

これこそがまさに極意ですよ。

ゲームで例えるならどうなるでしょうか。

すなわちゲームより没頭できること、あるいは没頭できるように工夫することが、成功への道の1つではないかと思うんです。

ゲームのようにできること、とも言えます。

面倒なことも含めてハマっているか

そもそもゲームでも嫌なことや、面倒なことってありますよね?

私の場合は同じような作業の繰り返しでレベル上げとか、素材の収集とかムリなわけですが。

こういうのにハマる人もいるでしょう。

ならこうしたゲームのように、没頭することをいろいろやってみて探すのも手です。

例えば単純作業の繰り返しが好きそうなので、そういった仕事を探すなどです。

ここに恥などを持ち込むと、それはそれで合った仕事ができなくなってしまいます。

あるいは没頭できるようにするにはどうしたらいいか、工夫することもいいですね。

自分なりのやり方や工夫が目標

自分なりのやり方や工夫という観点が、めちゃくちゃ大事です。

ここを目標にしないといけません。

誰かのやり方を真似してもいいですし、最初は真似すべきかもしれません。

でもあってなかったら、いつまでたっても身につきません。

自分にとって役立ちそうなところだけ、参考にしていくことは1つの有力な方法です。

ゲーミフィケーションやポモドーロ・テクニックなど、既成概念にとらわれず、自分なりのやり方を追究していきましょう。

成功法則などのすべては、そのための参考手段でしかありません。

 

まとめ

自分は何に没頭するのか?

この観点がめちゃくちゃ大事ということです。

そして、没頭するための工夫ですね。

没頭さえ積み重ねれば、成功への道を進んでいくのは明らかです。

ただ成功とは、自分なりの成功で、人によってそのカタチは違いますから、戦略的な視点も大事ですけど。

 

もう1つ重要なのは、それが自分なりのやり方なのかということです。

没頭するための工夫や、戦略、戦術などが、自分なりのやり方に基づいているかどうかです。

自分なりのやり方(工夫)を、積み重ねていくことです。

自分のやり方や、自分の存在意義(役割)を見出した人間は、かなり強いですよ。

それが独自性になり、差別化になり、価値を生み出していきますから。

もちろんやりやすいとか、特に問題なければ、他人のやり方が入ってもいいんですけどね。

ポイントは”自分に合ったやり方”を探して、積み重ねることです。