すごいっ!未経験の80歳でも起業できるんだ!というお話

すごいっ!未経験の80歳でも起業できるんだ!というお話

今回は、専業主婦一筋60年の人が、79歳で資格を取得し、80歳で起業したケースです。

80歳で起業することに比べれば、私たちはまだ若い人が多いでしょうから、こういう話を参考にしたいですね。

情報元は

http://beauty.yahoo.co.jp/lifestyle/articles/420233

です。

結婚が当たり前の時代

昔は、女は結婚するのが幸せという時代です。

そして、結婚しているなら子供がいて当たり前の時代です。

子どもができないと医者に言われたこともあったようですが、子どもを授かってずっと専業主婦を続けていたそうです。

ご本人が65歳の時に、旦那さんが亡くなったそうです。

その後、79歳で宅建を取得して、80歳で起業するわけですね。

やっぱり怖い

印象深かったんですが、やはり起業する時はこわかったそうです。

私たちが、自分らしい人生とか、やりたいこととかを追求する時も、恐怖を感じます。

そうですよね?

 

なにせそれを地で行くと、道がないわけです。

正解がないんですよね。

私たちは、正解がないときの対処法を知りません。

対処法なんていうものは、そもそも決まらないのかもしれません。

だから、こわいんですよね。

それでも、人間万事塞翁が馬とも言いますからね。

リスクをとらないことだってリスクです。

自ら人生を切り開いていきましょう。

ここでも嫌われる勇気

興味深いのは、専業主婦では誰かに嫌われることがあまりなかったという点ですね。

起業してから、営業もされているようです。

そのあたりは、かなりすごいように思えますね^^;

その営業で、嫌われたり怪しまれたりする経験が、新鮮だったとのことです。

やはり、苦しみは乗り越えていかないといけないようです。

でも好きなことなら、その苦しみを乗り越えたくなると思うんですね。

嫌われる勇気は、好きなことをしていくなら必要になります。

まぁ大抵の場合、好きなことじゃなくても嫌われないってことはないでしょうから、生きていくならだれもが必要なだとは思うんですけどね。

批判されたり、嫌われたりってのは、何を仕事にしても、ちょっとは生じてしまうでしょうから。

人はいつでも変われる

ここは納得できます。

「変わるのに遅いことはない」ということを、体をはって証明されています。

すごいですね。

そして、若者は勉強してほしいということを、おっしゃっています。

 

今の時代、楽して頭を使わず稼げるなんてことはほぼありません。

好きなことをして、お金を稼ぐ場合なら、なおさら勉強は必要不可欠です。

ずっと考え続けられることから、探して始めてみるといいでしょう。

世の中にはいろいろな人がいますね。

とても素晴らしい記事で、素晴らしい生き方を知ることができました。

 

誰かになろうとするのではなく、自分らしく生きることが大事です。

自分らしさとは、あとになってわかるものですけどね。

どうしたらいいのか、苦しみながら生きるのが、人生というものだと思うんです。

難しいことですけど、人生を全うしましょう。