健全な社会とはなにかをイメージや定義してみる

健全な社会とはなにかをイメージや定義してみる

健全な社会とはなにか?

これはものすごく重要なイメージなんです。

なぜなら、この社会が健全か異常かによって、あまりにも前提として違いすぎるからです。

健全な社会なら、この社会に従って生きていけばいいだけです。

まとも社会なので、まともな人からまともなことを言われるだけです。

幸せな人生を歩めるでしょう。

 

この社会が異常なら、話はすべてがひっくり返ります。

異常な社会なら、異常なことには適応せず、新たな文化や思想、ルールを作り、健全な社会を目指す必要があります。

では、健全な社会とはなんでしょうか?

じっくりイメージしてみましょう。

 

生存権の保障

まずは、何といっても生きることですね。

生存権は保障されるべきでしょう。

なぜか?

となる前に、1つの前提に注意しないといけません。

私たちが、この社会で生存権すら脅かされているのは、なぜでしょうか?

資本主義だからというのも、一理はあります。

ですが、もっと根本的な問題があります。

何かわかりますか?

ズバリ。

人口が多すぎることです。

人口問題

単純に言って、食料や水、居住環境や医療などが足りなくなっていくのは目に見えてますよね。

足りなくなれば、誰かが生きていけなくなります。

資本主義によって、その優先順位が決められているという話です。

人口が多くなっても、現状の限界点に達すると、人口は増加せず停滞します。

ここを技術で突破できるようになると、また増加しますが、何にせよ技術によって解決できればまぁ何とかなるわけですね。

もっとも、食糧については、世界人口全員が食べていける程度はあるらしいんですけどね。

それが行き渡らないないのは、政治の問題のようです。

私たちは自給自足する権利を持っている

では、生存権が保障されるべきなのは、なぜでしょうか。

環境に対して人口が適切であれば、だれもが生きていけるのは当然だからです。

食糧も水も居住環境も満たされていれば、誰もが生きていけますよね。

誰かによって、生きていくことを妨害されるべきではないということですね。

すなわち人間同士のルールです。

日本に100人だけ

例えば日本に100人しかいなければ、どうでしょうか。

だれも餓死はしないですよね。

水不足にもなりません。

つまり、働く必要もないのです。

ただ自給自足するだけですね。

 

だから、生活保護やベーシックインカムが難しいなら、せめて自給自足する権利だけでも保障してもらいたいところです。

川の近くで住めれば、水は何とかなるでしょう。

田舎の土地であれば、畑などもある程度できるでしょう。

自然と実になっているものがあればなおいいです。

食糧が足りなければ現物支給でもいいですし。

居住スペースが課題ですけどね。

土地(資産)の分配

またもや、もし日本で、100万人の人間が、一斉にスタートしたらどうでしょう?

よーいドン!

で、土地の争奪戦が始まります。

「ここ俺の土地ー!」

と言って、自分の土地を占有するわけです。

バカみたいかもしれませんが^^;

 

現代社会もまぁ似たようなもんってところが、悲しいんですけどね。

これなら、誰もが土地を少しは確保できますよね?

つまり、本来ならだれもが、土地を所有できているはずなんですよ。

最低でも、住む土地ぐらいは無料無税によって所有できるべきです。

その土地を貸し出してもいいし、畑とかにして販売したり、自給自足の足しにしてもいいわけです。

 

これは、かなり健全な社会として、イメージしやすいことではないでしょうか。

そもそも、自然は誰のものでもありません。

自然は自然のものです。

埼玉県の土地にある川を、東京都の人間が利用しても、問題ないわけです。

もちろん、無法地帯だとめちゃくちゃになりますから、ルールは必要ですよ。

 

ただ、そのルールがあまりにも不平等です。

なぜ私たちは、最初から土地を持っていないのでしょうか。

私は子供のころ、国が誰のものでもない土地を管理するのは、生まれていない人たちが管理できないから、そのために確保しているんだと、感覚的に思っていました。

ただの資本主義的な理由だったとは、衝撃ですよ。

まぁ天皇制の名残らしいですが。

 

思った以上に不健全な社会で驚きました。

しかも、最初に確保された土地は、そのあと自分の子供に受け継がれていきます。

さすがにこれはおかしいでしょう。

例えるなら、自分がRPGを始めた時に、100年前から何十周もやっているプレイヤーがいるようなものですよ。

周回特典を、人生でつけてはいけないわけです(笑)

 

所有者が死んだら、その土地はすべて国に、あるいは自然のものとして返されるべきです。

そうでなければ、その子孫の所有する土地が増え続けますからね。

富める者が富むだけです。

もちろん、生まれた子どもには土地が配布されます。

そのうえ、生活が保障されているという前提もあります。

配布されるのは、土地じゃなくてもいいんですけどね。

漁業権は、その場所の前の家の人にあるみたいな感じでもいいかと思いますが。

まぁ土地と一緒ですかねこの場合。

 

何にせよ、土地や資産の配布は、健全な社会ならあってしかるべきです。

何度も言いますが、自然は自然のものです。

それを人間のものとするのは、あくまで人間の決めたことで、人間の社会によってコントロールされることです。

人間の社会のルールは、生まれてきた人に対しても平等でなければいけません。

というかこれが、なさすぎてやばいですね。

新たに生まれてきた人も含めて守られなければ、生存が保障されることはないでしょう。

マネーゲーム

生存が保障されていれば、ビジネスは健全になります。

生きていけるなら、ビジネスはしなくていいことなので、ゲームみたいなものになります。

なので、本当の意味でマネーゲームとなります。

 

唐突ですが、麻雀の話です。

麻雀で何千万円とか、命かけてたら頭おかしいですよね?

某マンガみたいに。

でも私たちは、これを平気でしているんですよ。

人生を賭けて参加しています。

現代の資本主義ってのはこういうことです。

 

でも生活が保障されたら、生きるために、詐欺まがいのことをする人は、かなり減少するのではないでしょうか。

本物の情報や商品、サービスが扱われるようになるでしょう。

やりたくないこともやらなくてよくなります。

好きなことや得意なことを仕事にする人が大幅に増え、仕事を依頼するほうもより楽しくなるでしょう。

 

生活が保障されることで、新たなことに挑戦したり、勉強したりできます。

これこそが、本当の機会の平等だと思います。

生存権の保障によってもたらされるわけですね。

今よりは社会もピリピリしなくなるでしょう。

経済(マネーゲーム)とは、生存権を保障したうえで、成立するべきものだと思います。

適応は最小限

「いいから俺の話に従え」

という上司などの発言がよくある場合、それは健全な社会でしょうか?

健全ではないなら、その話に従うべきではありません。

そうですよね?

 

でも現代は不健全なので、従わざるを得ない傾向にあります。

従うとしても、従うべきでないことは自覚しておかないといけません。

そういう意味でも、健全な社会とはなにかを、イメージしたり、定義したりすることは、とても大事なのです。

宗教に洗脳されているか、洗脳されていないけど従っているだけなのかは、似ているようで大きく違うからです。

 

健全な社会では、適応の要請は最小限となります。

比較的ありのままで、暮らせる社会ですね。

まぁ生存権が保障されれば、自然とそうなると思いますが。

いやなことに適応しなくていいんですよ。

これだけでも、かなり大きなメリットでしょう。

教育もまとも

現代社会の教育は頭がおかしいレベルです。

あまりにも閉鎖的で、宗教組織みたいになってますね。

自分の担任になった人を崇める宗教みたいな。

以前よりはマシになってきていると思いますけどね。

内容も偏っていて固定的ですし。

ですが、健全な社会ならまぁ、学歴もそんなに流行らなくなるでしょう。

受験産業が衰退するので、教育の内容がまともになりますね。

本来の教育では、困難に直面した時など、心について教えられるべきでしょう。

ほかにも、怒りなどの感情をコントロールすることなど。

コントロールというか、まずは心の観察になるかと思いますが。

他人の人生を尊重することなどの思想も、教えられるべきですね。

教育や適応については、別記事があるので詳細を知りたい場合はどうぞ。

まとめ

すべては、生存権の保障によって始まります。

生存権を保障しながら、社会が進化していけば、問題もあまりなかったのです。

でも、保障しないまま、こんなにも技術が進み、こんなにも(世界中で)人口が増えたのです。

生存権が保障されれば、いやな仕事もしなくて済みます。

自給自足を多くの人ができるようになるだけでも、同じような効果があるでしょう。

病気などで社会(あるいはビジネス)から一時的にドロップアウトしても、復帰できます。

復帰できる程度の生存が保証されていれば、それは機会の平等性が確保されていることと同じだからです。

そうすれば、人生を資本主義で賭けなくてよくなります。

心は安定し、社会はますます健全になるでしょう。

心の教育がなければ、人も社会も健全にならないので、心の教育も確実に必須ですが。

必要な量だけあればいいというのが基本にならないと、健全な社会になりませんからね。

 

健全な社会が何かということがわかれば、現状の社会についてもよくわかってきます。

人は比較しないと、よくわからないですから。

人は目標に向かって生きるので、健全な社会をイメージできる人が増えれば、社会は動いていくと思っています。

あくまで、健全な社会の1つのイメージでしかありませんけどね。