引きこもりでもできる仕事や人生を開拓する方法、戦略戦術まとめ

引きこもりでもできる仕事や人生を開拓する方法、戦略戦術まとめ

引きこもりでもできる仕事って、なかなか見つかりません。

コミュニケーション不要で、完全在宅の仕事なんてレアすぎます。

それに人脈なし、コミュ力なし、スキルなし、金なし、知恵なし、学歴なし、体力なしでもできることって、まぁ~ほぼないです。

いずれかは必要になると思います。

 

一時的なものでは解決にならない

メルカリやヤフオクで不用品の販売とか、FXとかはあまり意味ないです。

FXなどの投資はそもそも、お金を失うリスクすらありますからね。

もちろん不用品の販売は、すぐにお金を手に入れられるメリットはあります。

しかしすぐにお金がなくなります。

何の解決にもならないんですよね。

もちろんお金が必要なら、不用品販売をすることは無問題です。

ただ自己アフィリエイトやポイントサイトも同じですが、一通りやったらもう稼げません。

マクロミルなどのアンケートが、ギリギリ続ける意味があるかなーぐらいです。

安いのが欠点ですし座談会アンケートだと、人と会話しにいかないといけないですが。

報酬は悪くないんですけどね。

自分にできることを徹底的に探す

引きこもりだけど「メールならコミュニケーションは問題ない」とか、こういうのを探します。

このような「これなら自分にもできること」を探すべきです。

他の引きこもりにもできる必要はまるでありません。

ある程度国語が得意なら、小論文の添削在宅バイトができるでしょう。

オンラインにおいて小論文の添削専門で、小商いを始めてみるのもいいかもしれません。

外には一応出られるけど仕事中会話したくないだけなら、品出しバイトをやるとか。

プレッシャーがかからなければ大丈夫なら、WEBパトロール(掲示板などの監視)バイトをやるとか。

電話応対ができるなら、卸業者から商品を海外から輸入で仕入れて、ネットショップやヤフオクで販売するとか。

プラモデルとか模型の製作が好きなら、製作代行などですね。

自分にできることで、仕事を見つけるか作りましょう。

 

自分の新しい可能性を見つける

自分の中に新しい可能性を見つけた時、新しい仕事ができるようになります。

だから、視野の広さが大事です。

もちろん練習は必要ですよ。

ただ視野が広くないと、新しい可能性がわかりません。

「なんだ、自分ってこんなことができるんじゃん。マジかよ」

ってのがわかれば、儲けもんですよね?

その可能性をあなたに見出してもらうのが、この記事の目的です。

新しい自分以外との組み合わせ

創造性って、組み合わせだとよく言われます。

新しいアイディアも、何かの組み合わせなわけです。

ってことは新しい可能性も、組み合わせです。

【自分】×【自分以外】の組み合わせから見つけます。

【自分】については、ストレングスファインダーなどで深掘りしておきましょう。

 

引きこもりが人生を開拓する方法まとめ

就職しろとかバイトしろとか、参考になりませんよね。

なぜなら新しい可能性をもたらす何かではないからです。

知らないことを言ってほしいのに、知っていることしか言ってくれませんよね。

あなたの新しい可能性を開拓するものでなければ、アドバイスとして意味を成しません。

もちろん就職やバイトだって、”向いていれば”新しい未来を拓けます。

でも向いているものが少ないから、引きこもり的になってしまうわけですよね。

重要なのは、あなたの新しい可能性に気づくのはあなた自身です。

私を含め他人は、確率論に頼ってヒントを数打つことしかできません。

この点にご留意していただいた上で、新しい未来を開拓する方法をどうぞ。

ココナラで好きなことやできることを独自サービスとして売る

ココナラで、好きなこと、新しいことをサービスとして提供します。

いくつか見つけたのを例として抜粋します。

  • 嘘を考えます。作ります。500円
  • 嘘を見抜きます。500円
  • あなたの言い訳考えます。500円
  • 刑務所のことを話します。←経験者 500円
  • キャラの二つ名や技の名前考えます。500円 売れた実績あり
  • ゲームのテスターやります。3000円 売れた実績あり
  • 格闘ゲームの指導します。500円
  • 戦闘部分のunityプロジェクト売ります。500円 売れた実績あり
  • 何でも考えるのを手伝います。3000円
  • モーニングコールします。モーニングメールします。500円 売れた実績あり

ココナラは自由でいいですね。

例えば嘘を10個考えて、その対価として500円もらう感じですね。

ばれないための嘘など、特殊な嘘に需要がありそうです。

ゲーム好きなら、技名とか考えるのもありではないでしょうか。

ポイントは、既にできることを出品することですね。

その上でステップアップするようなサービスを出品すれば、スキルアップにも繋がるでしょう。

写真から場所を特定します。1000円

とかどうですかね?

私はこういう推理的なやつ好きなんですよ(笑)

ぜひ炎上ではなく、有料でもいいのでいいことに使ってほしいスキルですね。

あとはこれも面白いなと思いました。

女子高生(自分)の検索履歴を売ります。500円

女子高生がモーニングコールしますとかも、需要ありそうですね。

まずは好きなことについて、ココナラで知恵を出して出品してみるのがおすすめです。
>>ココナラを見てみる

バイトや就職で経験→独立

上のココナラの項目で挙げましたが、ゲームテスターやっている方がいます。

ゲームテスターを経験→独立して、在宅で受注というルートもあるわけですね。

となると引きこもりにとって、人生の戦略や戦術の幅が広がります。

数か月とか1年間ならバイトできるかなーという場合、経験して独立する方向性があるわけです。

同人ゲーム作っている人向けにテスターするとか、小規模なテスターなどですね。

ベビーシッター、ペットシッター、清掃など、独立できそうなものを選ぶ戦略戦術です。

まぁ清掃は、一般的な清掃しかできないかもですが。

あとは経理や事務職を勉強したり経験したりした後、独立して在宅で引き受けるとか。

オフラインも含めて自分で小商いをやる

これはもうアイディア、着眼点次第でたくさんの可能性があります。

  • 家で荷物預かりサービスを始める
  • ツイッター、ブログ、メールアドレス、メルマガのアカウントを取得してココナラやヤフオクで販売
  • ゲームでリセマラアカウントの販売
  • 墓参りや買い物の代行
  • せどりや小売業

墓参りや買い物は、引きこもりにはきついかもしれません。

ただ、比較的会話しなくていいので、買い物ぐらいならできる人もいるでしょう。

せどりとかも会話はあまりいらないですね。

売る時が厄介かもしれませんが。

家で荷物を預かるというのはただ思いついただけで、需要あるかは不明です。

立地によってはありそうに思えますが果たして。

家にいないといけないので、引きこもりにはうってつけかなぁと。

深夜対応もアピールとかすればワンチャンあるかも・・・?

外注×〇〇という組み合わせは無限の可能性

他人に何かを依頼するというのは、大きく可能性を広げます。

記事を外注してアフィリエイトサイトを運営すれば、自分の知らないジャンルでも運営できます。

本当にやっているかわかりませんが、例えばディズニーランドの混雑予想サイト。

外注の人に並び具合を見てもらって、混雑予想に反映することだってできるでしょう。

仮に入場料+5000円だけ払うとしても、その合計金額×人数分を上回る収入があれば成功なわけです。

交通量を知りたがる人たちがいるから、交通量調査のバイトだって成立するわけですし。

他の人に何を頼み、自分はそれらでなにを提供できるのか?

知恵が必要ですが、たった1つ成功事例を試行錯誤して作るだけでも人生は変わります。

 

在宅バイトや楽なバイト、コツコツ作業バイトをやる

在宅バイトでまともな案件って数少ないです。

まともな在宅バイトは採点・添削と、テープ起こしぐらいですかね。

ちょうどこの前まで、小論文の添削バイトがバイトルで募集されていました。

データ入力やライターの案件がまともかどうかは、企業などによります。

ただあまりクラウドソーシングと変わらない気がします。

車持ち前提なら内職の仕事も、バイトルで募集されています。

楽なバイトだとアドバルーン監視あたりですかね。

WEBパトロール(掲示板監視)もあります。

ただこれらはレアバイトです。

人によってはゲームテスターなどもありでしょう。

引きこもりだとなかなかできるバイトがないのが悩みのタネなんですよね。

>>【東京でテープ起こし案件など】バイトルの在宅ワーク特集を見る

在宅仕事を本気でやって手に職を

ライター、クラウドソーシング、ブログ、アフィリエイト、デザイン、プログラミングなどですね。

ライターならライター業務に集中して、スキルを身に着けていきます。

デザインもプログラミングも同様です。

ブログやアフィリエイトも、並大抵の努力では足りません。

1つのことに集中して繰り返して、スキルアップをしていくのも1つの戦術戦略です。

ポイントは集中することを決める必要があることです。

めちゃくちゃ決意と適性が求められます。

プログラミングなら一発当てることも可能

プログラミングを習得すれば、自分でアプリを作ることもできます。

WEBサービスを作って一発当てて、働く必要がなくなった人も実在します。

一発当てる方法まとめで紹介した人ですね。

人工知能の台頭で今後も需要が増すとされるので、未来的ないい選択だと思います。

ただ新しいスキルを身に着けることは、大変な労力がいります。

かなりの覚悟か、熱意が必要ですね。

自分で小商いもしていく

自分で小さく仕事を作る場合でも、好きなコツコツ作業さえわかれば、あとはそれをお金に換える方法だけで済みます。

例としてデータ入力で言えば、入札情報というのがあります。

官公庁が契約業者を決める際に、競争入札(オークション風)で決める方式のことですね。

この情報って、もともとは整理・掲載されていませんでした。

ここに目をつけ、外注でデータ入力を募集して情報を整理し、販売した人たち(シュフティの運営者)がいます。

データ入力という作業が好きなら、そのデータ入力をどう活かすか?の視点が大事です。

今回の例は外注×〇〇の組み合わせでもありますけどね。

例えば私は収集という作業が好きですが、これをどう活かすかということです。

着眼点に自信があるなら、それをどう活かすかです。

整理整頓をし始めると止まらなくなるなら、それをどう仕事にするかって感じです。

クラウドワークスなどでちょこちょこやりながら研究して、どう活かすか戦略を練っていくとよさそうです。

完全在宅のテープ起こしとかもあり

クラウドワークスなどで、ちょいちょいテープ起こしの募集があります。

まぁ競争率が高くて、なかなか難しいのですが。

ただ仕事内容は完全在宅なので、安定して受注できるようになれば引きこもり的には最高でしょう。

将来性はあまりないかもしれませんので、しばらくは大丈夫と信じる心は必要かなと。

バイトルの募集枠は二回テストがあるのに対して、こっちは受注さえできれば仕事はもらえます。

その代わり責任をもってしないといけませんが。

未経験なら調べて勉強していくことは必須ですね。

事前にざっと調べて、できそうなのを受注できると理想的です。

ほかの在宅ワークなどもありますが、異様な低単価案件もあるのでピンキリです。

運がいいとおいしい案件も受注できたりします。

比較的誰でもできることで、10万円以上のプロジェクトを受注できたことがありますので。

>>在宅ワークならクラウドワークス

苦手を克服する

困難な方法ですが、一応1つの戦術戦略として。

あなたはネット上のコミュニケーションが苦手ですか?

練習して最低限こなせるようになると、幅が広がります。

最低限でいいんですよ。

ビジネスメールのテンプレを調べながらでもいいです。

交渉術を調べながらでもいいです。

理想は対面とか電話でもできることでしょうが。

苦手なことが最低限できるようになるだけでも、幅は広がります。

ビジネスメールができるようになるだけでも、自分でいろいろな小商いを始められますからね。

たった1つ苦手を克服するだけで、人生変わることもあり得るわけです。

 

本気出して就職する

どうしても引きこもりがちの人は、就職しなきゃってなりやすいです。

ただ私自身は、まったくそういう考えはありません。

全くないのも考え物かもしれませんが(笑)

就職はただの戦術の1つでしかありません。

戦略上、就職が有効ならいいのですが。

好きなことをたくさんしてレベル上げて自然と戦略を成立させるスタイルなら、この手段はもちろん非推奨です。

ただ就職すれば現状から抜け出せるので、一気に変わるのもまた確かです。

適応しない時間も有意義だった

少し話がずれるのですが。

私は今まで適応しない生き方を結果的に貫いてきました。

自然とそうなっただけで、ホリエモンみたいな強い意志があったわけではないです。

ただ今思うと、意味のあることだったなと思います。

というのも、そういった時間は私の資質を向上させる機会になったからです。

収集という資質を育て上げ、原点思考の資質は本質を見抜く力を異常に引き上げました。

また、内省がめちゃくちゃ高まりました。

もちろんこれらは、私が内省をして、抽象化思考などの思考トレーニングを繰り返してきたからです。

ただもし適応する生き方をしていたら、ここまでは無理でしょう。

「考えるな」という無意味な指導を真に受けたりして、内省や原点思考の資質が停滞していた可能性がかなり高いです。

注意していただきたいのは、自分の資質が活かされるかどうかは環境によるということです。

あなたの資質が活かされる環境はどこでしょうか?

もしそれが就職した先にあるなら、就職したほうがいいわけです。

あなたは就職の資質を持っているか?

ある引きこもりの人が、実は社交性やコミュニケーションの資質を持っていたらどうでしょう?

でも考えすぎたり自信喪失したりしていて、引きこもっていたら?

あるいはうまくコミュニケーションがとれないだけだったとしたら。

就活をして就職してうまく環境が合えば、その人は輝くでしょう。

たまに引きこもりから営業とか、セミナー講師とかやる人がいますよね。

これは単純に物凄い努力で苦手を克服したか、資質をもともと持っていたかだと思うんです。

もう一度言いますが、環境に恵まれることは必須です。

人間は環境の奴隷ですから、環境に恵まれなければ、私たちはそもそも能力を発揮できません。

もしあなたに就職に向いている資質があるなら、就職は人生を変えるでしょう。

引きこもっていることは、不幸である可能性が高いです。

一方で引きこもりだからこそ、能力を発揮する人もいます。

特に作家の人に多そうな気がしますね。

そういう人は引きこもり前提で、人生の開拓法を考えたほうが良いかなって思います。

やると決めたらやるべし

就職をすると決めると、楽になります。

就活を頑張ればいいと、やることや目標が明確になるからです。

ただ、本当にそれでいいのか、よく吟味するべきです。

何に集中するか決めないと、人間って集中できないですから。

ギターに興味ないのに、ギターの練習毎日6時間やれって言われても、ムリですよね?

それと同じです。

それができるのは、ギターが好きだと分かってて、”強い決意”をした人だけでしょう。

バイトや他のことをする場合も同じですが、ましてや就活は”強い決意”が必要です。

しっかりと吟味して決断しないと、強い決意にならず躊躇してしまいます。

失敗するのが怖いと、なかなか動けません。

ただ時間は待ってくれないので、ここは気を付けましょう。

そもそも失敗含めて経験は無駄になりません。

失敗しても辞めればいいんですよ。

え?辞めるのがこわい?

大丈夫です。

今の時代なら、退職や内定辞退の電話を代行してくれる業者だってあります。

世間はブラック企業を敵とみていますし、内容証明など法的な手段もあります。

就職支援サービスを利用していれば、内定辞退は専任担当者が代わりにしてくれるでしょう。

 

もし今から就職すると”強く決める”なら、ブラック企業を厳正な基準で徹底排除しているウズキャリがおすすめですね。

ニートや引きこもり含めて既卒、フリーター、第二新卒でも内定率86%以上です。

>>話す、気づく、変わる就職活動を【ウズキャリ既卒】

 

まとめ

【自分】×【自分以外】の組み合わせで、どれだけ可能性を考えられるかです。

就職で輝く人もいますし、自分で小商いをして輝く人もいます。

もう一度お伝えしますが、【自分】について深く知るからこそ、組み合わせもアップデートされていきます。

ストレングスファインダーなどで深掘りしておきましょう。

ぶっちゃけ自分のやりたいことさえ見つかれば、多くのことが解決したり明確になります。

あるいは得意なことや、”既にできることを組み合わせた自分なりのやり方”ですね。

たった1つ確立するだけでも、人生が変わります。

私は自由を重視していますので、できるだけ自由な視点でお伝えしたつもりです。

選択肢は就職だけではないので、諦めずにいろいろ試行錯誤しましょう。