収集の資質から人生の戦略と戦術を考える事例を示してみる

収集の資質から人生の戦略と戦術を考える事例を示してみる

収集の資質というのは、一般的には微妙に思われるかもしれません。

しかし私にとっては、なかなか良い資質に感じるんですよ。

工夫次第でいくらでも可能性を広げられる資質に感じます。

まぁそれは私が収集の資質をきっと持っているからでしょう(笑)

ではどのように収集という資質から、人生の戦略と戦術を考えるのか、一例を示してみます。

 

何をどう集めるか?

まずは何をどうやるかで、将来の可能性が0から100まで変わってきます。

例えばそこらへんの小石をひたすら集めても、ほぼ意味はないでしょう。

何をどう集めるか、の部分でまず工夫が必要です。

そしてこの工夫は、ほかの資質によっても変わってきますね。

ちなみに私はこういうの考えることが楽しくて、ワクワクします(笑)

工夫の例

例えば海岸でシーグラスを拾って売るという副業がありますね。

落ちている葉っぱ拾って売って、年商2.5億円の会社もあります。

今はインターネットの時代ですから、物以外にも目を向けましょう。

例えばツイッターの収集ですね。

naverまとめサイトに掲載している人はよく見かけます。

ほかにも、〇〇な情報を収集するとか、そういうのです。

サイト例1:ファッション雑誌ガイド

収集の資質を活かしている感じがするサイトを一部紹介してみます。

その名の通り、ファッション雑誌をめっちゃ集めた上でガイドしているサイトです。

集めたものをどう表現するか?どうマネタイズするか?

というのも、工夫の1つですね。

いろんな属性でまとめていて、すごい収集気質を感じます。

サイト例2:PARKFUL

公園の情報収集サイトです。

実は公園の情報については、以前は穴場だったのですが、とうとう出てきました。

公園の情報でも、広告はっておくと収入になります。

しかも親子向けの公園という切り口で、親子向けのサービスを売るなど、けっこう応用性があるんですよね。

私は一度、公園の情報を収集することを考えたのですが、特に好きでもないのでやめていました。

だんだん穴場が減ってきているかもしれません。

収集の資質持ちは、早めに収集して表に出したほうがよさそうです。

 

習慣に落とし込む

何をどう集めるかというのは、まさに習慣です。

習慣の工夫が鍵ですね。

収集の仕方で工夫できると、強いんですよね。

ふつうの人とは違った視点で見たことを収集するとか。

この場合、その視点が前提になっているか、習慣化しておく必要があります。

最初から自然に起こる視点は、感性ですね。

好奇心というのも、1つの視点です。

資質を正確に知らないと習慣も決まらない

私は収集という視点を持つまでは、読書が好きなことではないかなとか思ってました。

調査とか、分析とかも好きなのかなーと。

ただ、どうしても好きと自信を持てるほどではありませんでした。

そこで気づいたのが、収集なんですよね。

私がやっていた調査も分析も読書も、すべては収集のためだと気づいたわけです。

メモも大量に日頃から書いていますが、書くことが好きなのではなく、収集するために書いているんですよね。

ブログ記事も、書くことが好きなのではなく、収集したいから書いているのでしょう。

よって集中すべき習慣は、収集になるわけです。

「もっと書くべき」ではなくもっと集めるべき

私のすべきことは、収集という意識を持つことです。

収集という作業の下で書いたり調べたりするなら、比較的続きやすい気が既にしています。

ブロガーは記事をたくさん書くべきといいます。

しかし私はむしろ、収集だけで記事を完成できるぐらい圧倒的に収集すべきでした。

収集が中途半端だったのです。

工夫もそこまでしていませんでした。

しかしそこでたくさんの工夫、日々試行錯誤して改善していけば、どうでしょう?

それそのものが独自のノウハウとなり、強みとなるわけです。

ブログに収集すべきかも?

私は日頃、基本はエバーノートに収集しています。

しかし例えば1つのアイディアとして、ブログ記事の下書きに収集すべきかもしれないのです。

そしたら記事の完成も早くなるでしょう。

エバーノートの数も増えずに済みますし(笑)

これが1つの習慣の変え方です。

これが戦術でもあります。

前提として収集という戦略があります。

おまけの最後のメモ

あともう1つ、私は収集したいものを今までサイトテーマ(コンセプト)にしています。

無自覚でしたけどね。

ただ、既に収集したものにもちゃんと目を向けるべきでした

収集したものをどう使うかというも、収集の強み持ちは工夫するなどして、鍛えるべきところですね。

以上の内容をしっかりしたら、収集の人は高いところまでいけるんじゃないかなと思っています。

ブロガーに向いてなくもなさそうですが、どちらかという専門テーマ中心のほうが向いていそうな気がします。

 

まとめ

一般化すれば、強みや資質をまず1つ絞り込みます。

できるだけ客観的な知識などで、絞り込みましょう。

それを軸に、ほかの資質と組み合わせたり、何をどうするか考えていきます。

で、習慣に落とし込みます。

どういう習慣にするか考えたら、その習慣に変えることに集中しましょう。

できれば、将来性、新しい価値を生みだしそうな習慣がいいですね。

まぁここで出した「ブログ記事の下書きへ収集」という結論は、ふつうですけどね(笑)

 

収集だと主に何をどう集めるかという部分の工夫が、付加価値や創造性を生み出します。

ぜひご自身の資質で考えてみてください。

人によって人生の戦略や戦術は完全に変わってきますから。

自分の資質や感性、価値観、考え方、人生の目的などに合っていなければ、あまり意味がありません。

資質が分からない方は、書籍『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』の新品に付属しているアクセスコードで、診断するといいですね。

書籍に付いたアクセスコードの診断がお得なので。

私みたいに調べて予想するのは、資質的に向いていない限りあまりおすすめしません(笑)

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0